メンズ

頻度も割合高い傾向にある|鍵紛失してしまったら鍵屋へ連絡

自分の身を守るために

錠前とパズルのピース

防犯になる

鍵は、外出時に不審者が住居に入ってこないようにするために必要なものです。紛失しない限り、新しく鍵を作り直して交換する必要などないという考えの人もいますが、防犯のことを考えた場合、決してそうだとは言い切れない面があります。なぜなら自分の知らないうちに、第三者に合い鍵を作られているケースが近年増えているからです。合い鍵を作成して犯行に及ぶケースは決して特殊なものではないと言えます。鍵屋としても、合鍵を作製する場合、犯罪に使われないように依頼を受ける際には細心の注意を払ってくれますが、自分でも対策した方がいいでしょう。つまり、定期的に新しく鍵交換をしておくことで、合い鍵が作られていた場合でも無効にすることができるのです。

交換した方がいい場合

それでは、一体どのような場合だと鍵交換をした方がいいのでしょうか。あまり過剰に心配をして、鍵交換を繰り返すのも手間がかかってしまいます。まず鍵交換をした方がいいと考えられているのが、賃貸物件や中古の住宅です。特に賃貸の場合だと、それまでどんな人が住んでいたのか分かりませんし、前の住人の知人などが合い鍵を持っている可能性もあります。そこで、自分が引っ越した時に鍵交換をしておくと防犯にもなりますし、精神的にも安心できます。すでに空き巣にあってしまった場合も、すみやかに新しい鍵に取り換えておくべきでしょう。空き巣は、一回侵入に成功した家には戻ってくると言われています。普段から戸締りに気を付けるだけではなく、新しい鍵にしておくと防犯しやすいです。